本来であれば面会権が主張できるにも関わらず、

相手に親権をとられてしまい、子供と会えなくなってしまうケースがあります。

 

そして子供と離れて辛い思いをすることになるでしょう。

 

離婚して子供と会えなくなる?

離婚をしたことで、子供に全く会えなくなってしまったという人もいます。

 

パートナーに対してもう二度と会いたくないと思っても、

子供には会いたくなるのが親心。

 

しかし、そんなことも叶わなくなってしまうかもしれません。

 

子供と会えなくなる可能性が高い離婚

子供と会えなくなってしまう可能性が高い離婚の仕方は以下の事があります。

 

子供を置いて出て行ってしまう

女性の方は子供を養っていく自信がなく、

先に自分が家を出て地盤を固めてから子供を迎えに行こうと思って

先に出て行ってしまう人がいます。

 

この家の出方はとてもその後不利になってしまいます。

 

子供を置いて行ってしまったというここがとても重要視されてしまい、

子供を養えるまでの生活力を手に入れたところで

子供を引き取ることはかなり難しいでしょう。

 

そうなってしまうと、父親側は

子供を母親に会わせるようなことはしないでしょう。

 

下手をすれば、「お前を置いて母親は出て行った」

「お前を捨てていった」そんなことを吹き込んで、

子供が母親と会いたくなるように仕向けていくでしょう。

 

もし、絶対に子供を手放したくないのであれば、

突発的に家を出てしまわずちゃんと計画的に

子供を連れて出るようにしましょう。

 

たった一つの過ちで、子供に会えなくなってしまうかもしれません。

 

別居する前に、考えておかなければならないことも

あるのです↓

参考記事:離婚を考えて一方的な別居、これって違反にならないの?

DVからの離婚

パートナーに対してのDVがある人は

離婚後一切接触を禁じられる可能性があります。

 

それはパートナーに対してもですが、子供に対してもです。

 

DVするような人はいつどこでどんな危害を加えるか分からないため、

相手の住んでいるところすら知らされないかもしれません。

 

もう二度と会えなくなる可能性が高いのです。

 

あなたにとって普通の行為が、

相手にとってDVと思われているかもしれません。

 

罵声を浴びせたり、大声で怒鳴ったり、

相手を見下したことを言ったりしていませんか?

 

DVは暴力だけではありません。精神的なDVもあるのです。

 

精神的なDVに関しては、女性から男性へ行うことも多々あり

決して女性だけが受けるものではありません。

 

それについては、こちらの記事も参考に↓

参考記事:モラハラ妻と離婚をしたら|子供ってどうなる?

子供に会えなくなっても

子供が本当に幸せな道を歩めるならば、

会えなくなっても仕方ないのかもしれません。

 

自分の経済力で子供が幸せになれるのか、

自分が働きに出ている間子供はどうなるのか?

 

子供が自分の意思でどちらについていくのか決めれる年齢なら、

子供が選んだ道を応援するほかにありませんが、

子供がまだ小さく自分の意思で決めることが出来ない年齢であれば、

本当に子供の幸せを一番に考えて行動しなくてはいけません。

 

言葉が悪いかもしれませんが、

子供を諦めるということも大事なことなのです。

 

離婚自体子供を巻き込んでしまっているのです。

 

そこでいつまで経っても離婚が成立せずに

宙ぶらりんな状態でいるのがいい状態だと言えるのでしょうか。

 

自分のエゴで子供の親権が欲しいと、

子供も望んではいないのに

ずっと執着することは良いこととは思えません。

 

心苦しくても諦めて、周りからは子供を捨てたと取られるかもしれません。

 

しかし、子供を一番に思うのなら周りが何と言おうと

幸せになる道を選んだということでいいのではないでしょうか?

 

参考記事:離婚が子供に与える影響とは?悩みに悩んだ私を救ってくれた一言

子供連れでの離婚

子連れでの離婚とは、必ずどちらかが親権を持つことで離婚が成立します。

 

これをお互いが譲らず主張し続けるのであれば、

いつまで経っても離婚は成立しません。

 

離婚調停なり、離婚裁判中であればなおの事

先に進むことはできず、面会もすることも難しいでしょう。

子連れでの離婚を考えているのであれば、

離婚前に公正証書はきちんと作っておくことを

オススメします↓

参考記事:離婚後の養育費|子供の為の公正証書はどこで?作り方とは?

まとめ

子供が一番と思うなら、自分が離れたくないという気持ちを二の次にして

子供が幸せになるためには自分が引くべきなのか考えなくてはいけません。

 

 

本当につらい決断になるでしょうが、

将来子供が自分の意思で動けるようになったとき

あなたとの思い出がいいものであれば

子供から探してくれるのではないでしょうか?