離婚した際支払われる慰謝料。

いったいどのくらいが平均的に支払われるのでしょうか。

 

払われる側は多い方がうれしいですし、払う側は少しでも少ない方がいいですよね。

 

離婚で貰える慰謝料

慰謝料は、婚姻生活の長さや離婚理由で相場が変わってきます。

 

離婚に関する慰謝料大体50~500万の間と考えた方がいいと思います。

ですが、なかなか500万に達することは少ないと思ってください。

 

性交渉拒絶をし婚姻継続のための努力を怠った場合の慰謝料については

原因によって金額が変わってきます。

 

この場合さほど高額になることはなく50~100万位になります。

 

ただし、性交渉拒絶の原因に不貞が絡んでいるような場合は、

300万ほどの高額の場合もあります。

 

慰謝料を増額させる方法はあるのか

証拠を集める

慰謝料を少しでも取りたいのであれば、

相手が浮気をしていた場合やDVを受けた場合などの証拠

大事になってきます。

 

証拠としては、写真や動画、音声データや

不貞時の遊びに行った際の領収書などが有効です。

 

興信所を雇った際はその報告書も強い証拠になってくれるでしょう。

 

その場合、こちらの記事も参考にしてください↓

参考記事:離婚の浮気相手に慰謝料請求!相場はいくら?

交渉方法もカギになってくる

一気に交渉時に証拠を提示してしまうよりも、

もっと証拠があるんだとチラつかせ

相手がどのように出てくるか見ながら交渉するのも効果的です。

 

慰謝料の交渉について

慰謝料をしっかり取りたいのであれば、公正証書を作ってください。

 

ただの口約束や簡単に書いた紙では効力がありません。

支払いが滞った際に差し押さえするためにもしっかりとした手続きをしなくてはいけまん。

 

公正証書については、こちらの記事もご覧ください↓

参考記事:離婚後の養育費|子供の為の公正証書はどこで?作り方とは?

 

多いのは、一括では払えないので分割にしてくれと言わるパターンです。

 

分割にした際に最初のうちはちゃんと支払うのに、

気づいたら支払いがなくなっていたなんてことはとても多いです。

 

そうなった際に泣き寝入りしないようにしましょう。

 

ここで注意するべきことは、DVやモラハラ夫には自分一人で交渉しないことです。

DVやモラハラ夫は支払いをされないことが多いということです。

 

そういう相手には弁護士を雇うのが一番です。

法律のプロに任せるのが確実な方法です。

 

慰謝料の相場以上に取れるかもしれない方法

上記で書いたように、離婚に関して支払われる慰謝料の相場は最高500万程度です。

この相場は裁判離婚の際に判決で言われる金額なのです。

 

なので、協議離婚で相手の合意があればいくらでも慰謝料を請求することができます。

ただし、相手が払うと言った場合です。

高額になればなるほど相手も合意はしないでしょう。

 

離婚時に雇った弁護士費用は相手に請求できない

慰謝料を取るためや離婚に関することで、

相手に対して弁護士費用を請求することはできません。

 

なので、弁護士費用を含めた慰謝料を少し高めに設定して請求するのも手です。

 

慰謝料請求にも時効がある

慰謝料請求はいつまでも出来るわけではありません。時効は三年になります。

 

この三年以内に請求しないと時効になってしまい、慰謝料請求ができなくなってしまいます。

 

時効を止めるには裁判を起こす必要があります。

判決確定後10年間時効を延長することができます。

 

離婚後三年間の間に裁判を起こすことが難しい時は、時効を伸ばす手続きをしてください。

 

慰謝料を増額した場合の養育費

慰謝料を増やしたことで養育費が減額されてしまうのかと

不安になる方もいるかと思います。

 

慰謝料と養育費は全く別物になるので、慰謝料を増額したからといって

養育費が減額されることはありません。

 

 

>>離婚後の養育費|子供の為に公正証書は作るべき!?

まとめ

慰謝料の相場とは、裁判離婚で今まで支払われてきたものの

平均的な金額になっています。

 

離婚したら慰謝料がっぽりとってやる!なんて言ってる人も稀にいますが、

かなりのお金持ちの人との離婚で相手が同意しない限り

相場から多くもらえることはなかなかあり得ないでしょう。

 

相手からの不貞行為とDVなど重なった場合は、相場よりも少し多めになるかもしれません。

慰謝料は大した額ではありませんが、無いにこしたことはありません。

しっかりと準備し、貰えるものはちゃんと貰っておきましょう。