離婚をしたいからと言って、何も準備をせずに離婚をしてしまうと

自分が損してしまうかもしれません。

 

そうなってしまわないように、離婚準備を着実に進めましょう。

 

離婚準備はなにをしたらいい?

離婚準備と言われても、思い浮かぶものは少ないかもしれません。

何が必要なのか書き出していってみましょう。

 

お金

これは誰でもわかることでしょう。

お金がなくては、離婚後生活することが出来ません。

 

あればあるほどいいと思いますが、貯め方次第では

財産分与の対象に入ってしまうので気を付けてください。

 

今ではスマホでお小遣い稼ぎしたり、賢く節約する方法が

いろいろあります。

こちらの記事を参考にしてみてください↓

参考:女性がお金を稼ぐ方法

 

自分名義の通帳や印鑑

離婚するために先に別居をする可能性があります。

その場合何かしらと印鑑が必要となってきます。

 

印鑑証明はしてますか?

 

家を借りる際印鑑証明が必要になります。

 

シャチハタではない印鑑であれば立派なものでなくても

役所で簡単に印鑑証明が作れます。

一つは作っておきましょう。

 

自分がどこに住むのか

離婚後、もしくは離婚準備の別居の為に

どこに住むかなんとなく決めていますか?

 

実家に帰れますか?

 

それとも今住んでいるところのそばに住んで

環境を少しでも変えないようにしますか?

 

心機一転遠くに住みますか?

 

どこに住むかによって、お金に関してもだいぶ変わってきます

 

全てを新しく始める際は、それなりの見積もりを出しておくべきです。

 

家電も買わなくてはいけないでしょう、

賃貸を借りる場合エアコンは付いてますか??

 

そんなこともしっかりとチェックして住むところを決めなくてはいけません。

 

財産分与になりそうな物

離婚が決まると財産分与されますが、

一度家を出てしまうとなかなか家に戻ることはできなくなります。

 

そうなった際にあれがあったはずと言っても、

相手がないと言ってしまえばそれまでです。

 

そうなってしまうと困ってしまうので、

家を出る前には写真に残しておきましょう。

 

旦那さんが浮気等していた場合

証拠は全て持っておきましょう。

写真に撮ったり、コピーをとっておくといいでしょう。

 

携帯で写真に残してもいいのですが、紙類の証拠は

コピーしておくとはっきりと正確に見ることが出来るためコピーをお勧めします。

 

写真だと影などで見にくいと言われてしまう場合があるからです。

 

浮気相手に慰謝料請求する場合の相場はいくらくらいか、

確認しておくとよいでしょう↓

参考記事:離婚の浮気相手に慰謝料請求!相場はいくら?

 

荷物を少しずつ減らしておく

断捨離したと言って自分の荷物も要らないものは捨ててしまい、

必要だけど今すぐには使わないというものは実家等に送っておきましょう。

 

そうすることで、離婚のための準備が簡単になりますし、

もし引っ越し業者を使うことになっても最小限度の単身パックで済むようになります。

 

専業主婦だからこそ離婚準備が必要

私は専業主婦だからこそ離婚準備はしっかりすべきだと思います。

 

正直専業主婦は大変な仕事であるはずなのですが

社会的に地位も低いですし、なによりも立場的に弱いです。

 

男性は「食べさせてやってる」「俺が生活させてやってる」

こういうことを思っている人は実はかなり多いです。

 

口には出さなくても心の底で思ってることが多々あります。

 

このようなことを聞くと怒りを覚えるかもしれませんが仕方ないことなのです。

なので、男性は専業主婦から離婚を切り出されるとは考えていなかったりします。

 

「あいつは専業主婦だから離婚後生活できないだろう」

そんな感じに簡単に思っています。

 

離婚を切り出されることで逆上する人もいます。

そうなってはなかなか離婚も進まなくなります。

 

だからこそしっかりと準備しておくことが大事なのです。

 

参考記事:離婚を考えたら計画的にするべき9つのこと

離婚準備でしかやれないこともある

離婚してからではできないこともたくさんあります。

 

相手の方が離婚に対して知識があると、

あなたが分からないことをいいことにサッサと離婚に承諾して

自分が不利にならないようにする場合もあります。

 

例えば子供がいる場合は、離婚の話を出して必ず離婚前に公正証書を作り

養育費を月いくら払ってもらうのか形に残しましょう。

 

公正証書は離婚後作成するのは大変難しくなります。

 

ここをやっておかないと養育費が未払いになる可能性がかなり高いです。

必ず離婚前にしておかなくてはいけないことを確認しておきましょう。

 

公正証書についてはこちらを参考にしてみてください↓

参考記事:離婚後の養育費|子供の為の公正証書はどこで?作り方とは?

 

 

最後に

専業主婦が離婚するというのは勇気がいることでしょう。

 

仕事を探さなくてはいけませんし、

探すにしても年齢的な壁が出てくる場合もあります。

 

離婚を本気で考えるのであれば、長期で準備をしっかりしていきましょう。

気持ちだけが焦り、早く離婚することだけに重点を置いてしまうと必ず損をします。

 

離婚準備は、あなたが離婚後幸せになるための準備だと思ってください。

今の現状を打破して幸せになるために離婚することを忘れないでください。

 

>>女性がお金を稼ぐ方法