離婚届けを相手の承諾なしに出せたら、楽なのになって思ってる人いませんか?

 

離婚届けを勝手に書いて提出すると、それは立派な犯罪になります。

 

どんな犯罪になるのでしょうか。

 

離婚届けに相手の署名捺印ありの離婚届け

相手の署名捺印がしてある離婚届けを持っている人っていますよね。

 

例えば、旦那さんが悪さをして今度やったら離婚届け出すから、ここに書きなさい!

と言われ、渋々書いたなんてこともあるはずです。

 

もしそんな時に書いてしまった離婚届けを

奥さんが勝手に出してしまったらどうなるのでしょうか。

 

勝手に提出されて本人が気づいていなかった場合、こちらは無効となります。

 

ただし、自分で署名をしてしまっていると、

離婚の意思がなかったことは立証しにくいことがあります。

 

一度提出されて受理された届出は、

裁判所の手続きを通さないと訂正はできません。

 

もしも、どうしても奥さんが離婚届けにサインをしないと許してくれず、

泣く泣く離婚届けにサインをしました。

 

でも、離婚の意思など一切ありません。という人がいたら、

出される前に役所に行って、離婚届けの不受理申し出をしておくことをお勧めします。

 

これさえ出しておけば、例え勝手に提出しに行っても

受け付けられることはありません。

 

離婚届けを勝手に署名捺印し提出された場合

 

自分の知らないところで署名捺印された離婚届けが提出され場合は、

無効にすることが可能になります。

 

役所側は、署名に関して本人が書いたかどうかは分からないため、

書類上不備がない限り受理します。

 

こちらも無効にするためには、

家庭裁判所にて調停を申し立てることになります。

 

離婚が無効であると合意できれば、家庭裁判所が必要な事実の調査を行って正当であることが認められれば無効になります。

 

合意ができなかった場合は訴訟になります。

【離婚問題解決20,000人の実績】たった3日で離婚できる方法

 

同意されてない離婚届け提出は犯罪になる

 

離婚届けを出すつもりで勝手に出す

・有印私文書偽造罪

 

偽造された離婚届けを実際に役所に提出

・偽造有印私文書行使罪

 

戸籍に偽りの離婚届けを記載させた行為

・電磁的公正証書原本不実記録罪

 

 

離婚届けを相手に同意なく出すだけで、二つから三つの犯罪を犯すことになります。

実際に勝手に提出することで服役した人もいます。 

 

実際に離婚届けを勝手に提出して逮捕された例

妻に内緒で偽造した離婚届けを役所に提出した後、ほかの女性と婚姻届けを提出し、

離婚届けの罪にプラスして重婚罪がついて逮捕。

 

ほかの女性と結婚したいがために偽造した離婚届けを提出したそうですが、

相手の同意がないので離婚は実際には成立しておらず、

ほかの女性との婚姻届けを出すことで重婚罪がプラスされることになりました。

 

この人は実際に服役することになりました。 

 

勝手に提出した罪

離婚届けを勝手に出して離婚したように見せ戸籍を偽って何十年経とうと、

これに関しては時効がありません。

 

つまり、発覚したのが何十年先であろうとその罪が消えることはなく、

必ず罪を償うことになるということです。

 

離婚するには相手の同意がいるので、

確かにその手間を省いて離婚できたら楽だとは思いますが、

そんなことをしてしまえば離婚はできても

服役をしなくてはいけないのです。

 

それどころか、そんなことをされて離婚を無効にするために

相手が家庭裁判所に申し立て、

二度と離婚できないようにされたらどうしますか?

 

今度はあなたを苦しめるために二度と離婚できなくなるかもしれません。 

 

さいごに

離婚届けを勝手に出すことは犯罪であり、

相手が二度と離婚に同意してくれなくなる可能性があります。

 

相手が離婚に乗り気ではない状態での離婚の提案は、

かなり時間がかかるものになるでしょう。

 

しかし、犯罪を犯すようなことは決してしてはいけません。

 

必ず正当な方法で離婚するようにしてください。

 

>>離婚を決意させる5つの方法|承諾しない相手を説得するには?

>>離婚ができない男の都合のいい5つの特徴とは?