離婚という一大イベントを届けを出して終わったと思ってませんか?

 

離婚届けを提出後にすることはまだまだあります。

 

女性が離婚するとは、本当に大変なことです。

 

離婚届け提出後することとは?

女性は離婚後いろいろやらなくてはいけないことがあります。

 

・名義変更

・子供関連

・自分の戸籍に関すること

 

これ以外もたくさん出てきますがとりあえずここに焦点を当ててみましょう。

 

離婚後の名義変更

今まで普通に使っていたものの名義変更が必要になってきます。

一回で全て名義変更できれば便利なのですがそうはいきません。

簡単に箇条書きしてみると

 

・運転免許証

・銀行口座(自分と子供)

・クレジットカード

・パスポート

・印鑑、印鑑登録証

・国民年金

・保険類

 

ざっと上げてみてもこれだけあります。

一つ一つその機関に名義変更、引っ越したのであれば住所変更等していかなければいけません。

 

離婚届け提出後やなくてはいけない子供の事

子供関連は面倒なことが多いです。

 

離婚届けに親権者として書いたからといって、子供に関しては別扱いなのです。

こう言われても分かりにくいかもしれません。

 

子供の戸籍に関しては、引き取った側に戸籍が

自動的に移動はしないということです。

 

そして、苗字も生まれつきの苗字のままになるということです。

 

母親に引き取られ、母親が旧姓に戻したからといって

子供も旧姓の苗字になるかといったらそうではないのです。

 

戸籍に関しても、家庭裁判所で手続きを取らない限り子供の戸籍は夫側に残り続けます。

 

なので、離婚届けに記載する親権者に関しては、

届ける際にどっちが親権持ちますよという意思表示だけだと

思っていた方がいいかもしれません。

 

それで何も変わらないのですから。

 

もし学校も転校する場合は、元いた学校から在学証明書をもらっておいてください。

幼稚園や保育園は在園証明書になります。

 

県外に行ったりするとやり取りが面倒になるので

早めに先生に伝えてください。

 

関連記事:離婚で子供に会えない!?父親に親権をとられてしまうケースとは?

離婚後変わる自分の戸籍

離婚をしたら旧姓に戻すか、

それとも子の苗字を使っていくか悩むところですよね。

 

×2の私が思うのは「旧姓に戻しておけばよかった」です。

 

まさか離婚するとは思わず結婚をし結果離婚をして、

まさか再婚するとは思わず今度こそはと思ったけど離婚に至る。

 

こうなったのが私のですが、この時旧姓に戻さなかったんです。

なので、二回目離婚した今使える苗字は、どっちも元旦那の苗字となるわけです。

 

家庭裁判所に申し立てて旧姓に戻せる可能性もあるそうですが、

戻せない可能性もあるそうです。

 

それでも離婚時に使っていた苗字のまま今後も生活したいのであれば、

三か月以内に「婚氏続称届」を提出してください。

 

戸籍に関しては、旧姓に戻した場合は何もしなければ結婚前の戸籍に戻ります。

私は役所の方から「戸籍を作りますか?」と言われ、戸籍を新しく作りました。

その時はすべてが綺麗に新しくなった気がしてすっきりしたのを覚えています。

 

関連記事:離婚して貧困!?シングルマザーがもらえる手当や補助金・助成金

まとめ

たったこれだけの項目でも、やることはたくさんあります。

 

やっと離婚にたどり着いたのに、離婚届け出した後も

こんなにやらなきゃいけないのかぁ…と気が滅入るかもしれませんが、

これも自分の新しい生活には大事なことなのです。

 

離婚したことで早く働かなきゃと思うのですが、

やることもたくさんあり、子供も不安になりがちです。

 

まずは子供のケアと自分自身のケアをしてください。

 

今は母子家庭への手当てや母子家庭に対して優しくなったと思います。

必ず母子手当等の申請も忘れないでくださいね。

毎月貰えるわけではないですが、まとめて手当てが入ってきます。

正直かなり助かります。

 

お仕事に関しても、女性のためのハローワークもあるので

小さい子がいるお母さんなんかは連れて行きやすいかと思います。

 

場所によりますが、就職のためのセミナーを行っていて

先着順ではありますが、子供を預かってもらえる場合があるので

小さいお子さんが居ても参加しやすかったりします。

ぜひ活用してみてください。

 

せっかく新しい道を選んだのです。後悔せず突き進みましょう。

 

子供が幸せになることも大事ですが、なによりもあなた自身が

幸せになることももちろん大事だということを忘れないでください。