離婚率が上がった最近の日本でも、やはり離婚は大きな出来事です。

 

離婚することで自分がどうなるのか、子供はどうするのか、ちゃんと暮らしていけるのか。

 

そんなことを考えてになることがあります。

 

鬱の症状とは

鬱の症状は人それぞれです。

いろんな症状があり、いくつも症状が出る人もいます。

 

不眠・過眠

私も寝れなくなりました。

 

何時間も布団の中でゴロゴロしてやっと寝付いて目が覚めて時計を見ると、

1~2分しか進んでおらずまた布団で寝れずに

ゴロゴロすることを何日も繰り返しました。

 

過眠に陥った時は、現実逃避するように眠りに落ちるのです。

 

寝れないのも辛いのですが、とにかく眠たくなり

脳が考えることを拒否してるのかなと思えるほど寝れてしまいます。

 

無気力

とにかく何でもやる気が出ません。

 

自分が好きだったことですら興味を示さなくなってしまいます。

 

そのせいで、家事ももちろんですが離婚ですら考えるのが嫌になってしまいます。

 

集中できなくなる

物事に集中することができなくなります。

 

注意力散漫になり、けがや事故など不注意から起こしやすくなります。

 

食欲がなくなる

食欲がどんどんなくなってしまい、体重が落ちていきます。

 

私も食欲がなくなってしまい、周りの人が分かるくらい痩せました。

 

周りの人は何かの病気なんじゃないかとか、

事情を知っている人は食べないとだめだよと、

私が好きそうなものをわざわざ買ってきてくれたりしました。

 

疲れやすくなる

ご飯も食べれず、睡眠障害が起きることで体はとても疲れやすくなります。

 

普段の生活はちゃんと送れるようで、

少しでも激しく動くとめまいがしたりとても疲れてしまいます。

 

 

簡単に書きましたが、このほかにも鬱の症状はあります。

なにか当てはまるものはありましたか?

 

私は何個か当てはまりました。

今思うと、私はだいぶ鬱気味だったのだと思います。

 

人が心配してくれるので、心配させないように笑って過ごしていましたが

人と会った後はとても疲れました。

 

関連記事:離婚に対する罪悪感ありますか?二の足を踏んでしまうあなたに

離婚前だけではない

鬱になるのはなにも離婚前だけではありません。

離婚後に鬱になる人もいます。

 

相手から別れを切り出されて、離婚後何もやる気がなくなり

ただ寝て起きるだけの生活になった人や、

離婚後の大変な生活に鬱になってしまう人もいます。

 

鬱は治るのか?

鬱は改善することもあります。

 

しかし、鬱の再発率は60%になるそうです。

そして、再発を繰り返すことで再発率は上がっていきます。

 

鬱になると孤独感が強くなるため、鬱が酷くなるのかもしれません。

 

離婚前に躁鬱になった知り合い

私の知り合いが、離婚前に躁鬱になり大変でした。

 

躁鬱が発覚して家の押し入れを見たところ、

大量の使われてないブランドのバッグが出てきたそうです。

 

昼間に天ぷらを揚げて、そのまま外出して

アパートが家事になってしまいました。

 

幸いけが人もなく、自宅のキッチンが酷い程度ですみましたが

大家さんから綺麗に直すので出ていくように言われました。

 

鬱になることで負の連鎖が起こったように感じました。

 

関連記事:離婚のストレスは結婚の○○倍のワケとは?体調に異変!?

鬱にならないように

鬱にならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

 

信用できる人に話をする

信用できる人はいますか?

話をただ聞いてもらえる人がいることは、とても心強いものです。

 

不安なこと、イライラすること、なんでもない話を聞いてほしい。

 

そんな方は、占いに頼るのも1つの手です。

    ↓  ↓  ↓

【電話占いウィル】霊感霊視であなたを導く!3000円分無料キャンペーン実施中

 

静かに話を聞いてもらえると、話しただけで気持ちが楽になり

なんでこんなことで悩んでいたんだろうと感じることができます。

 

 

さいごに

鬱は誰もがなりたくないと思う病気で、ほかの風邪などの病気と違い、

薬も一時的に気分を上げてくれるようなものしかありません。

 

離婚は鬱になりやすいですが、なりそうであればカウンセリングを受けるなり、

役場に行って相談するなり、自分が鬱にならないように対策を取ってください。

 

外に出て、カウンセリングを受ける姿を誰にも見られたくないという方は、

こちらを参考にしてみてください↓

>>うつ病を改善する方法